展示会情報

Grinding Technology Japan 2021は終了いたしました。
多くの方にご来場いただき、誠にありがとうございました。

ECLIPSE

Grinding Technology Japan 2021

開催概要

画像
第2回・研削加工技術と工具製造技術展<Grinding Technology Japan 2021>に出展いたします。

◆会  期: 2021年3月2日(火)~4日(木)
◆時  間: 10:00 ~17:00
◆会  場: 幕張メッセ 展示ホール4
◆小間番号: 049
◆入場方法:招待券持参 またはインターネットからの事前登録(無料)

●招待券をご希望の方はこちらよりお問合せください。

出展製品

GDS社 <工具研削盤用高精度チャックμGRIND>高品質・高精度の工具研削盤用チャックです。
チャックボディにて、振れと倒れの2方向の調整が可能で、振れ精度2ミクロン以下を実現します。
製品ページへ
GDS社 <砥石バランスシステム(EQUI'Z)>
タブレット端末による簡単な操作でバランス計測と調整ができ、データ管理も可能です。砥石寿命の向上と、加工ワークの面粗度・品質改善に貢献します。
製品ページへ
SwissChuck社 <精密ダイアフラムチャック>
エア駆動の研削加工向け・高精度ダイアフラムチャック"6VMCHP"は最高レベルの繰り返し精度2μm以下を保証します。把握時は、引込み機能によりエンドストップにしっかり付き当て、厳しい精度の加工を可能にします。
製品ページへ
Bruckner社 <研削加工用・高精度センター>
旋削と研削の幅広い範囲をカバー。
標準センターは0.001ミリメートル、特殊仕様センターは0.00025mm以内の振れ精度を実現。
様々な長さ、シャンク側形状に対応します。
製品ページへ
サンネン社 <ホーニング加工機>
様々な金属製品の幾何公差や面粗度を仕上げることのできるボアサイジング及び仕上げシステムです。
展示ブースでは、お持ちのボール盤、電動ドリルなどで簡単に精度の高い仕上げやボーリング加工が行える「ポータブルホーン」をご紹介します。
製品ページへ
クノール社 <ペーパーフィルターKF>
ペーパーフィルターKFシリーズは、クーラントオイルを洗浄するためのベルトフィルターです。
単体の洗浄ユニットとして、またはチップコンベアと組み合わせて使用します。
製品ページへ
上記他にも研削加工に最適な製品を展示予定です。
詳細はこちらよりお問い合わせください。

見どころ

レーザークリーニング装置による砥石のドレス実演をいたします!
◆Pレーザー レーザークリーニング装置 [QF-compact]
対象物に全く接触せず、レーザーを用いて最適なクリーニング処理を行います。

<仕組み>
短パルスレーザー光源を対象物表面に照射すると、汚れの膜やその下の酸化層がエネルギーを吸収し、表面から蒸発または縮れるようにはがれ、残留物も残りません。表面は(主に金属)はエネルギー吸収が非常に小さいため、損傷を受けません。
製品ページへ

事前来場登録

ご入場には、Grinding Technology Japan 2021公式サイトにてご登録が必要です。
スムーズにご入場いただくために、事前のご登録をお勧めいたします。

事前来場登録はこちら
※Grinding Technology Japan 2021公式サイトへリンクします。