セミドライ装置 (MQL装置)
knoll

クノール社

セミドライ装置 (MQL装置)

画像
クノール社製セミドライ(MQL)装置は、非常に細かく均質な粒子であり安定したミストを発生させます。 安定してミストを供給するため潤滑性の損失が少なく、最大45,000 rpmの高速回転が可能となっています。 またチップは限りなくドライであり、キリコの捌けが良くワークや機械周りの洗浄時間を最小にできます。

◎デモ対応も全国承っております。お気軽にお問い合わせください。

仕様

■優れた潤滑性
微粒子化されたクーラントオイルを刃先に供給し、優れた潤滑性を実現します。

■工具の長寿命化
切削工具の摩耗を最低限におさえ、効率よく熱を逃がすことが可能なため、加工精度
や面粗さの安定、工具の長寿命化に貢献します。

■幅広い供給パターン
独自技術のATSテクノロジー(エアロゾル乾式潤滑)により、最大30通りのミストと
空気量の組み合わせが可能です。外部または内部供給の両方に対応しています。

■作業環境の改善
消費するクーラントオイルはごく少量のため環境に対する負荷が少なく、同時に作業
現場の環境も向上させます。

仕組み

画像
圧縮空気が、空気量調節バルブを介して噴出装置へ流入
コンテナから噴出装置にオイルを供給
噴出装置で空気とオイルを混合し、非常に細かいエアロゾルを生成
エアとエアロゾルの調節バルブが、エアロゾルの空気圧と飽和度を調整
エアとオイルが適切に混合されたエアロゾルが以下の経路で噴出される
→ ロータリーフィードスルー
→ スピンドル
→ ツールホルダー
→ ツール

メリット

機能
効果
最大30通りのミストと
空気量の組み合わせが可能
・エアロゾルの流量を安定供給する
・ツールへの圧力変動を抑制
・加工時間の短縮、工具寿命の延長
・空気やクーラントの消費量が少ない
・取り扱いが簡単
非常に微細で均質なエアロゾル
・クーラントの節約
・最高45,000回転まで加工可能
ドライに近い切粉
・切粉同士のくっつきを防ぐ
・治具や機械の清掃作業が少なく済む
スピンドル始動後、
すぐにエアロゾル利用可能
・メンテナンス時間不要
・作業の安定性を向上
最長50mの
エアロゾルホース搭載可能
・柔軟にセットアップ可能
ProfiBusまたはProfiNetによる追加機械への接続機能
・素早く柔軟なNCプログラミングが可能
・ユーザーフレンドリー
KNOLLプログラムモジュール:
機械メーカーでのPLC制御可能
・OEMに最適
◎詳しくはお気軽にお問い合わせ下さい。

カタログダウンロード