コンペンセーションチャック
画像

コンペンセーションチャック OVEKA/KA

オービタル方式でのピンの加工や偏芯したシャフトなどを加工する場合、ワークは両センターで徐々に加工するのが一般的です。ワーク保持具の問題点として、必要なトルクを伝えられるか、横荷重によるワークの変形を防止できるかという事に直面しています。このスイスチャックのコンペンセーションチャック OVEKA/KAはクランクシャフト加工用に開発され、実績を残してきました。数年を得て、さらに改善されたこのチャックは、全ての種類のシャフト加工に対応できるようになりました。

これらのチャックは、ワークを正確な位置で把握するまで、力がかからない設計になっています。硬度なコンペンセーションメカニズムにより、真円がでていないワークでも、均等に把握する事ができます。そのため、コンペンセーションチャック OVEKA/KAはセンターを使った研磨加工に最適なチャックといえます。
安定した加工を続けることが求められる中で、スイスチャック社のコンペンセーションチャックはコンタミ防止のための密閉構造になっています。油圧駆動タイプのOVEKAは特許取得済みの潤滑循環システムを搭載しています。チャックの内部部品は把握時に常に潤滑されているため、メンテナンスフリーを実現し、チャックの長寿命化=コスト削減を行うことが出来ます。

OVEKA/KA のメリット

・特許取得済の潤滑循環システム
・高度なコンペンセーションメカニズム
・密閉構造で、ほぼメンテナンスフリー

OVEKA/KA の機能

・油圧駆動またはドローバー駆動が選択可能
・2、3、4つ爪タイプが選択可能
・研磨用設計

アプリケーション例

2 OVEKA 140

2 OVEKA 140

2OVEKA 140 対象ワーク:ギアシャフト
3KA 140

3KA 140

3KA 140 対象ワーク:ボールねじシャフト
2OVEKA 140

2OVEKA 140

2OVEKA 140 対象ワーク:カムシャフト
3KA 140

3KA 140

3KA 140 対象ワーク:CVTギアボックス
2KA 170

2KA 170

2KA 170 対象ワーク:キャプトツールホルダー
4OVEKA 206

4OVEKA 206

4OVEKA 206 対象ワーク:クランクシャフト

カタログダウンロード