ポータブルホーン
SUNNEN

サンネン社

                             オンラインショップで購入する

ポータブルホーン ーSUNNEN

サンネン社のポータブルホーンは、お持ちのボール盤、電動ドリルなどで簡単に精度の高い仕上げのホーニング加工が行えます。
加工径が大きすぎたり、一般工具で加工しにくい焼入れされたワークの仕上げなどに最適です。
加工寸法公差0.01~0.02mmの仕上げ加工が短時間で可能であり、製造・メンテナンス・保全・修理現場の必需品として活躍します。

特徴

立型ホーニングマシン
●ボール盤、電動ドリルなどでホーニングが行えます。
●加工径が大きすぎたり、一般工具で加工しにくい焼入れされた工作物を仕上げるために使用します。
●加工寸法公差0.01〜0.02mmを短い加工時間で仕上げることができます。
●簡単に精度の高い仕上げ加工やホーニング加工を行えます。

【特徴】-幅広い使用シーン-
・マシン組立の間に、適合した内径に仕上げたい
・内径誤差による嵌め合いの不具合を訂正したい
・穴の真直度を良くしたい
・摩損や損傷した油・空圧シリンダの修理
・ベアリングの再定寸
・シリンダからツールマークを取り除く
・ベアリングシートの再仕上げ
・コンプレッサ、エンジン、ポンプの修理
・組立て部品や熱処理によるゆがみを修正
・油圧バルブの修理
・製品を直ちに修理

仕様

加工直径:φ45~φ914mm(特注:~φ1,524mm)
加工長さ:25~24,000mm
加工材料:鋳鉄、溶接スチール、焼入スチール、真鍮、アルミニウム、カーバイド、セラミック、その他あらゆる材料
仕上公差:0.013mm ー加工穴が小さすぎたり、テーパー、内側にふくらんだ穴(ドリル穴)、外側に反った穴(ベルマウス穴)、真円度の悪い穴を修正します
表面粗度:AA表示、5~7マイクロインチ
取  代:鋳鉄の穴(長さ300×直径150mm)で1分間にφ0.05mmまで広げられ、材質が硬くなるとフィードレートは低くなります
使用機器:電気ドリル、空圧ドリル、ボール盤

カタログダウンロード