横ホーニング

横型ホーニングマシン ーSUNNEN

横型ホーニングマシンは、速さ、精密さ、利便性を追求して設計され、多品種な小物ワークを加工する工場に最適です。
汎用性の高いモデル"MBB-1660"からパワーストロークの”SHシリーズ”に至るまで、素早い段取替えと正確な制御が可能です。

特徴

立型ホーニングマシン

MBB-1660 CNC横型ホーニングマシン(ベーシックモデル)

『MBB-1660』は、φ1.5~165mm(内径)/3~400mm(長さ)の幅広い形状の
ボアホーニングに対応している横型ホーニングマシンです。
加工物の形状、材質を問わず、要求される穴径公差と幾何公差を、面粗度と共に保証します。
また、機械加工、熱処理、チャッキングによって生じる一般的な形状エラー10種類
すべてを素早く簡単に修正することができます。
これらにより、高い汎用性と経済性を兼ね備えたホーニング加工が実現します。

【特長】
■多彩な材料や異形の材料に対応
■シンプルな3ステップ操作
■速度、精度、および利便性を考慮した設計
■10種類の穴形状修正が可能

【主な機械仕様】
内径範囲:φ1.50~165 mm
主軸回転数:200~2500 rpm
主軸モーター出力:0.375kW
フロアスペース:幅762×奥行1,524×高さ1,600(mm)
立型ホーニングマシン

SH-4000シリーズ 横型ホーニングマシン(高出力ストロークタイプ)

『SH-4000』は、あらゆる工場のアプリケーションに対応する横型ホーニングマシンです。
インターナル研削よりも、優れた精度で仕上げ、特にφ40mm以下の内径仕上げにおいて、速く、安定した加工が可能です。
また、きわめて汎用性が高く、ほぼ全ての加工径、穴形状に適用でき、あらゆる材質のワークでも速くきれいな仕上がりが実現します。

【特長】
■穴仕上げ加工の時間とコストをセーブ
■前加工のボーリングやリーマー、研削工程を廃止することが可能
■あらゆる分野のワークが加工対象
■段付き穴や間欠穴も加工可能
■研削では難しい薄肉ワークの加工にも適している

【主な機械仕様】
加工径範囲:φ1.5-101.6 mm
ストローカーストローク:6-392 mm
主軸回転数:200-3000 rpm
主軸モーター出力:4.1kW(5.5hp)

その他のラインナップ

SSH-1680 横型ホーニングマシン(高出力タイプ)
ワーク直径:φ1.5-165 mm
ワーク長:3-165 mm
SH-2000 横型ホーニングマシン(高出力ストロークタイプ)
ワーク直径:φ1.5-165.1 mm(マニュアルストローク)/ φ1.5-165.1 mm(オートストローク)
ワーク長:6.0-170 mm
SH-5000 横型ホーニングマシン(高出力ストロークタイプ)
ワーク直径:φ1.5-165.1 mm
ストローク長:6-392 mm
SH-6000 クロスグラインディングマシン
ワーク直径:φ5.46-32 mm(CGT)
φ53.84-63.75 mm(CRT)
φ39.40-76.78 mm(SRT)
φ25.4-75 mm(TC)
ストローク長:6-392 mm

動画

カタログダウンロード