スピンドル引き込み力測定装置
画像

セーフコントロール 4.0

工作機械のスピンドル引き込み力、エクステンション、減速機、ゼロポイントクランプシステム用 デジタル測定システム。

適切でないスピンドルの引き込み力で機械を使用すると、ツールホルダから工具が抜け落ちたり、工具の摩耗が生じ易くなり、破損・切削能力低下、さらには加工精度不良につながります。
このような課題を解決するのが、工作機械スピンドルの引き込み力をスピーディに測定する、ドイツ・ケルヒ社の『セーフコントロール4.0』です。

特徴

画像
●操作性に優れたシンプル設計
●測定値は、すぐに確認できる内臓ディスプレイ表示
●機械主軸にクランプした直後に、素早く正確に測定可能
●プロセス信頼性100%のアプリ
● 優れた測定精度 (上限値の0.5%)
● 広い測定範囲 (0 - 100kN)
● 1台のベースユニットで全てのアダプター(HSK、PSC、SK)に適合
● BluetoothでタブレットやPCにデータを表示

Safecontrol 4.0 は工作機械とツーリングの長寿命化に貢献します。
工具や機械の摩耗を防ぎ、加工品質と精度の保証、不良品率とダウンタイムの減少、作業安全性と加工信頼性の向上などにつながります。

仕様

画像
・クランプ力が0~100 kNのあらゆるテーパーインターフェースおよびマシンに必要なベースユニットは1つだけです。
・ アダプターは、調達と管理が安価です。
・ベースユニットのみ定期的な再校正が必要ですが個々のアダプタは必要ありません。
・ベースユニットとアダプタは相互に互換性があり、交換可能です。
・タブレットまたはPC用アプリは無料です。

ラインナップ

インダストリー4.0

Safecontrol 4.0のユニークな特長は、Bluetoothを介して力検出バーと、通信するソフトウェアを備えたタブレットソリューションが追加されたことです。
原理:測定するスピンドルはQRコードで個々に識別されます。その後、システムが引き込み力を測定し、測定値をデータベース内の正しい機械スピンドルに即座に割り当てます。この技術革新は、結果の誤ったマッピングが過去のものになったことを意
味します。
他のテスト機能もインダストリー4.0に統合されています。したがって、機械のスピンドルは完全に自動的に個別の統計に含まれ、オペレータはスピンドルの引き込み力が低下していることを示す傾向を迅速に特定できます。
作業現場ではSafecontrol 4.0を使用して、機械の損傷とそれに伴うコストの防止にも役立ちます。

PDFダウンロード